TAG

偶関数

フーリエ変換の加算性・対称性と振幅・位相スペクトル

これ以降、フーリエ変換を記号\(\mathcal{F}\)で表すことにします。 すなわち、フーリエ変換および逆フーリエ変換は次のように記述されます。 $$\mathcal{F}[g(t)]=G(f) :フーリエ変換$$ $$\mathcal{F}^{-1}[G(f)]=g(t) :逆フーリエ変換$$ […]