しまなみ海道一の絶景スポット『亀老山展望公園』はインスタ映え写真の宝庫!

こんにちは、にんじんです。

GoToトラベルを利用して「しまなみ海道」のドライブ旅行にいってきました。

 

広島県尾道市から愛媛県今治市まで、瀬戸内海に浮かぶ島々を橋で結ぶ「しまなみ海道」。

美しい自然グルメ寺社仏閣など見どころがたくさん!一日フルで遊び倒しても、時間が足りないくらいでした。

そんなしまなみ海道には、橋や海峡、島々が織りなす数々の絶景スポットがあります。

中でも特にオススメなのが『亀老山(きろうさん)展望公園』です。

にんじん

空と海と大地の美しさを一度に味わえて感動しました!

 

この記事では、亀老山展望公園で撮った写真とともに、思い出とその魅力をまとめていきます。

時間と体力があるなら、ぜひ行ってみてください!

亀老山展望公園

亀老山展望公園

愛媛県今治市と来島海峡大橋でつながる「大島(おおしま)」の南側に位置する、亀老山の頂上に展望公園があります。

しまなみ海道の中でも屈指の絶景スポットとして名高く、瀬戸内の大自然を360°パノラマビューで楽しむことができます。

 

眼下に広がる景色はもちろんのこと、まるでダンジョンのような展望台自体も見どころです。

設計者である建築家の隈研吾氏は大学教授でもあり、数多の建築物を手掛けており、数々の受賞歴を誇る方です。

(上のリンク先で氏の作品を見ることができます)

由来

亀老山という名前の由来は次のエピソードによるものだそうです。

今から約1300年ほど前、光り輝く黄金色の観音像を背負った大亀を、旅の風来僧が大島のとある海岸の洞窟で見つけた。
風来僧は、その観音像を持ってとある山に登り、七堂伽藍(しちどうがらん)を建立して崇拝した。
以降、その山は亀老山と呼ばれるようになった。

亀老山の由来になった大亀の像がありました。

亀老山 由来

頭の上に小銭が置いてありましたが・・・何かの御利益があるのでしょうか。

展望台までの道のりはちょっと険しい

亀老山展望公園は標高300m超に位置しているので、車でも10分ほど登る必要があります。

よめ
車酔いする人は酔い止め必須!!!

道中は勾配も大きく、曲がりくねった道になっていました。地図を見ても完全に山。

途中サイクリングの人を何人も見かけましたが、かなりキツそうでした。

自転車なら時間と体力に余裕をもって行くべし。

写真で見る亀老山の魅力!

それでは実際に行って撮影した写真を紹介していきます。

天気は曇り空、時刻は夕暮れ前でコントラストの美しいタイミングでした。

展望台

亀老山 展望台 入り口
亀老山 階段

駐車場に車を停めて、展望台へと上っていきます。

RPGのダンジョンのような、入り組んだ構造にわくわくします。

亀老山 展望台1
亀老山 展望台2

展望台へと続く階段を上り終えると、いよいよ展望台へ。

展望撮影スポットは2か所あり、それぞれの良さがあります。

来島海峡大橋を望む

今治市、来島海峡大橋を見下ろす側の展望台から見た景色です。

亀老山展望公園といえばこちらの写真。しまなみ海道に来たからには見ておきたい風景です。

亀老山 来島海峡大橋

展望台の端で俯瞰で撮影すると良い感じの写真に。

亀老山 来島海峡大橋2

三脚にカメラを設置して持ち上げ、セルフタイマーで撮影しました。

瀬戸内海を望む

来島海峡大橋側の展望台から、反対側の展望台を見下ろせます。

奥には雄大な瀬戸内海が広がっています。

亀老山 展望台2

向かいの展望台に立つ姿を撮影。遮るものがないので、まるで舞台のようです。

空と雲と海と

お気に入りの一枚です。

亀老山 展望台

空の青と雲の白、まだ遠い夕焼けと日暮れのシルエットのコントラストが美しい。

 

ローアングルから撮影した写真です。

山頂だけあって、空が近い!

亀老山 空
亀老山 空

曇り空だからこそ見られる景色を堪能することができました。

 

アクセス・駐車場

住所 愛媛県今治市吉海町南浦487-4
駐車場 普通車18台、大型6台 (無料)
アクセス 【今治側から】
大島南ICで下車し、約10分【尾道側から】
西瀬戸尾道ICから約1時間
大島北ICで下車し、約15分

尾道方面と今治方面で利用可能なインターが異なるため注意!

しまなみ海道では、一部のインターは一方通行になっているため注意が必要です。

尾道→今治方向では「大島IC」、今治→尾道では「大島IC」でしか降りることができません。

まとめ

しまなみ海道で屈指の絶景スポットである「亀老山展望公園」に行ってきました。

来島海峡大橋や瀬戸内の海原に浮かぶ島々を見下ろすことができ、どの角度も写真映えする場所でした。

 

展望台までの道のりはやや険しいですが、決して損はしませんよ!

夜には橋のライトアップもあるようなので、いつ何時行っても楽しめる場所になっています。

 

以上、しまなみ海道のおすすめスポット「亀老山展望公園」の紹介でした。

亀老山展望公園
最新情報をチェックしよう!