【MathJax-LaTeX】ギリシャ文字の一覧

ここでは、MathJax-LaTeXでギリシャ文字を表示する方法をまとめています。

ギリシャ文字

MathJaxでは、以下のようなギリシャ文字を利用することができます。

名前 基本コマンド 大文字 小文字 変体
アルファ \alpha \(A\) \(\alpha\)
ベータ \beta \(B\) \(\beta\)
ガンマ \gamma \(\Gamma\) \(\gamma\)
デルタ \delta \(\Delta\) \(\delta\)
イプシロン(エプシロン) \epsilon \(E\) \(\epsilon\) \(\varepsilon\)
ゼータ \zeta \(Z\) \(\zeta\)
イータ(エータ) \eta \(H\) \(\eta\)
シータ(セータ、テータ) \theta \(\Theta\) \(\theta\) \(\vartheta\)
イオタ \iota \(I\) \(\iota\)
カッパ \kappa \(K\) \(\kappa\)
ラムダ \lambda \(\Lambda\) \(\lambda\)
ミュー \mu \(M\) \(\mu\)
ニュー \nu \(N\) \(\nu\)
グザイ(クサイ、クシー) \xi \(\Xi\) \(\xi\)
オミクロン \omicron \(O\) \(\omicron\)
パイ \pi \(\Pi\) \(\pi\) \(\varpi\)
ロー \rho \(P\) \(\rho\) \(\varrho\)
シグマ \sigma \(\Sigma\) \(\sigma\) \(\varsigma\)
タウ \tau \(T\) \(\tau\)
ユプシロン(ウプシロン) \upsilon \(\Upsilon\) \(\upsilon\)
ファイ \phi \(\Phi\) \(\phi\) \(\varphi\)
カイ(キー) \chi \(X\) \(\chi\)
プサイ(プシー) \psi \(\Psi\) \(\psi\)
オメガ \omega \(\Omega\) \(\omega\)

 

ギリシャ文字の小文字を表示したい場合は、英スペルに\をつけます。大文字にしたい場合は、頭文字を大文字にします。変体文字を表示したい場合は、英スペルの前にvarをつけます。

\(\alpha\) \(\alpha\)
\(\Gamma\) \(\Gamma\)
\(\varepsilon\) \(\varepsilon\)

ただし、大文字が英アルファベットと同じ表記の場合は、頭文字を大文字にするのではなくアルファベット表記を使います。

\(\Gamma\Delta\Theta\Lambda\Xi\Pi\Sigma\Upsilon\Phi\Psi\Omega\) \(\Gamma\Delta\Theta\Lambda\Xi\Pi\Sigma\Upsilon\Phi\Psi\Omega\)
\(ABEZHIKMNOPYX\) \(ABEZHIKMNOPYX\)

例えば、\Alphaと入力するとエラーになってしまいます。

 

ギリシャ文字は大文字は立体活字(正体)で、小文字はイタリック体(斜体)で表示されます。

 

メニュー

作成中 MathJaxを使用してわかってきたこと、注意点などを自分用の備忘録も兼ねてまとめていきます。 コマンド例は基本インライン表示にしています。必要に応じてディスプレイ数式モードへの書き換えをしてください。 環境構築 [[…]

数式アイキャッチ
数式アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!