【MathJax-LaTeX】複素数の表し方

ここでは、MathJax-LaTeXで複素数を表示する方法をまとめています。

複素数(complex number)

MathJaxでは、以下のような複素数に関する記号が出力できます。

コマンド 出力 コマンド 出力
\( z = x + yi \) \( z = x + yi \) \( i^2 = -1 \) \( i^2 = -1 \)
\( \Re z \) \( \Re z \) \( \mathrm{Re} z \) \( \mathrm{Re} z \)
\( \Im z \) \( \Im z \) \( \mathrm{Im} z \) \( \mathrm{Im} z \)
\( \bar{z} \) \( \bar{z} \) \( \bar{\bar{z}} = z \) \( \bar{\bar{z}} = z \)
\( |z| = \sqrt{x^2 + y^2} \) \( |z| = \sqrt{x^2 + y^2} \) \( \arg (z) \) \( \arg (z) \)
\( z = re^{i\theta} \) \( z = re^{i\theta} \) \( \mathbb{C} \) \( \mathbb{C} \)

虚数単位「\(i\)」はそのまま入力します。

\Reコマンドおよび\Imコマンドで、複素数の実部および虚部を表すフラクトゥールが表示されます。

共役複素数を表す上線は、\barコマンドで出力できます。コマンドを重ねて二重線にすることもできます。

極形式で表す場合、偏角(argument)は\argコマンドが使用可能です。

 

実部・虚部や複素数全体の集合\(\mathbb C\)についてはフォントのページもご参照ください。

 

立方根(cubic root)

1の三乗根を\(\omega\)で表すことがあります。

コマンド 出力
\( \displaystyle \omega = \frac{-1 + \sqrt{3}i}{2} \) \( \displaystyle \omega = \frac{-1 + \sqrt{3}i}{2} \)
\( 1 + \omega + \omega^2 = 0 \) \( 1 + \omega + \omega^2 = 0 \)

分数のページ、ギリシャ文字のページもご参照ください。

 

メニュー

作成中 MathJaxを使用してわかってきたこと、注意点などを自分用の備忘録も兼ねてまとめていきます。 コマンド例は基本インライン表示にしています。必要に応じてディスプレイ数式モードへの書き換えをしてください。 環境構築 [[…]

数式アイキャッチ
数式アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!