【MathJax-LaTeX】文字のフォントとサイズの変更

ここでは、MathJax-LaTeXで「フォントとサイズ」を変更する方法をまとめています。

書体

MathJaxでは、以下のような書体を利用することができます。

書体名 コマンド
ローマン体
(関数など)
\rm \(\mathrm ABC abc あいう\)
ボールド体
(ベクトルなど)
\bf \(\bf ABC abc あいう\)
イタリック体
(物理量など)
\it \(\mathit ABC abc あいう\)
サンセリフ体 \sf \(\sf ABC abc あいう\)
タイプライタ体 \tt \(\tt ABC abc あいう\)
フラクトゥール
(ドイツ字体)
\frak \(\frak ACB abc あいう\)
スクリプトフォント
(筆記体、大文字のみ)
\scr \(\scr ABC abc あいう\)
白抜き文字
(集合など)
\mathbb{} \(\mathbb{ABC abc あいう}\)

対応するフォントがない場合は別のフォントに置き換えられます。

 

全体を同じフォントで統一する場合は \(\bf ABC\) のように記述します。かっこ{ }は不要です。

同じ式の中で異なるフォントを混在させたい場合は

\(\rm{AB}\bf{CD}\it{EF}\) \(\rm{AB}\bf{CD}\it{EF}\)

のように記述することが可能です。

また、\の後にmathをつけても(例えば\mathrmなど)同じ意味になります。

 

カリグラフィー

カリグラフィーとは、西洋の書道とも呼ばれる文字を美しく表記するための方法です。

MathJaxでは、\mathcalコマンド(\calでも可)により使用可能です。

コマンド
\mathcal{ABCDEFGHIJKLMN}
\mathcal{OPQRSTUVWXYZ}
\(\mathcal{ABCDEFGHIJKLMN}\)
\(\mathcal{OPQRSTUVWXYZ}\)

例えば、ラプラス変換やフーリエ変換を表示する際に用います。

\(\mathcal{L}[f(t)]=\int_0^{\infty}f(t)e^{-st}dt\) \(\mathcal{L}[f(t)]=\int_0^{\infty}f(t)e^{-st}dt\)
\(\mathcal{F}[g(t)]=\int_{-\infty}^{\infty}g(t)e^{-2\pi ift}dt\) \(\mathcal{F}[g(t)]=\int_{-\infty}^{\infty}g(t)e^{-2\pi ift}dt\)

 

大きさ

MathJaxでは、以下のような文字の大きさを指定することができます。

コマンド
\Huge \(\Huge{Huge}\)
\huge \(\huge{huge}\)
\LARGE \(\LARGE{LARGE}\)
\Large \(\Large{Large}\)
\large \(\large{large}\)
\normalsize \(\normalsize{normalsize}\)
\small \(\small{small}\)
\scriptsize \(\scriptsize{scriptsize}\)
\tiny \(\tiny{tiny}\)

下にいくほど小さくなります。

部分的にサイズを変更したい場合は

\(\Large{L}\normalsize{M}\small{s}\) \(\Large{L}\normalsize{M}\small{s}\)

のように指定することが可能です。

 

メニュー

作成中 MathJaxを使用してわかってきたこと、注意点などを自分用の備忘録も兼ねてまとめていきます。 コマンド例は基本インライン表示にしています。必要に応じてディスプレイ数式モードへの書き換えをしてください。 環境構築 [[…]

数式アイキャッチ
数式アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!