【MathJax-LaTeX】指数関数と対数関数の表し方

ここでは、MathJax-LaTeXで指数・対数を表示する方法をまとめています。

指数(exponent)

べき乗(power)

MathJaxで上付き文字を表示するためには「^」を使います。

コマンド 出力
\( a^x \) \( a^x \)
\( a^{x + y} \) \( a^{x + y} \)
\( a^{x^2} \) \( a^{x^2} \)

複数の文字を上付きで出力するためには、「{ }」で囲います。

 

指数関数(exponential function)

MathJaxでは、\expコマンドによりexp記号を出力することができます。

コマンド 出力
\( \exp(x) \) \( \exp(x) \)

ネイピア数\(e\)を底とする指数関数は、次のように記述します。

\( e^x \) \( e^x \)
\( \mathrm{e}^x \) \( \mathrm{e}^x \)

 

べき根(root)

MathJaxでは、\sqrtコマンドにより根号を出力することができます。

根号の指数は「[ ]」で与えます。

コマンド 出力
\( \sqrt 2 \) \( \sqrt 2 \)
\( \sqrt[n] {x} \) \( \sqrt[n] {x} \)
\( \sqrt {a + b} \) \( \sqrt {a + b} \)

\sqrtコマンドは、直後にある1文字が根号の中に入ります。複数の文字を根号の中に入れるためには、「{ }」で囲います。

 

対数(logarithm)

MathJaxでは、\logコマンドにより対数記号を出力することができます。

底を明示する場合は「_」で下付き文字として表示します。

コマンド 出力
\( \log_10 x \) \( \log_{10} x \)
\( \log x \) \( \log x \)

 

自然対数を「ln」で表示する場合、\lnコマンドを使用することができます。

\( \ln x \) \( \ln x \)

 

メニュー

作成中 MathJaxを使用してわかってきたこと、注意点などを自分用の備忘録も兼ねてまとめていきます。 コマンド例は基本インライン表示にしています。必要に応じてディスプレイ数式モードへの書き換えをしてください。 環境構築 [[…]

数式アイキャッチ
数式アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!