【MathJax-LaTeX】積分の表し方

ここでは、MathJax-LaTeXで積分を表現する方法をまとめています。

積分(integral)

MathJaxでは、\intコマンドにより積分記号(インテグラル)を出力することができます。

コマンド 出力
\( \int f(x)dx \) \( \int f(x)dx \)
\( \displaystyle \int_0^{\infty} f(x)dx \) \( \displaystyle \int_0^{\infty} f(x)dx \)

インライン数式モードの場合、インテグラルは小さく表示されることに注意します。大きく表示する場合はディスプレイ数式モードを使用します。

積分範囲を出力する場合は、「_」および「^」を用います。2文字以上の場合は{ }で囲います。

 

定積分の計算式を表示する場合の入力例を示します。

\begin{align*}
\int_1^2 x^2 dx &= \left[ \frac{x^3}{3} \right]_1^2 \\
&= \frac{8}{3} - \frac{1}{3} \\
&= \frac{7}{3}
\end{align*}
\begin{align*}
\int_1^2 x^2 dx &= \left[ \frac{x^3}{3} \right]_1^2 \\
&= \frac{8}{3} – \frac{1}{3} \\
&= \frac{7}{3}
\end{align*}

複数行の数式については数式の表記方法のページ、分数については分数のページをご参照ください。

 

重積分(multiple integral)

MathJaxでは、\intコマンドのiの数でインテグラルの数が変化し、重積分を出力することができます。

\iintで重積分、\iiintで三重積分となります。

コマンド 出力
\( \displaystyle \iint_D f(x, y)dxdy \) \( \displaystyle \iint_D f(x, y)dxdy \)
\( \displaystyle \iiint_V f(x, y, z)dxdydz \) \( \displaystyle \iiint_V f(x, y, z)dxdydz \)
\( \displaystyle \int \!\!\!\! \int_D f(x, y)dxdy \) \( \displaystyle \int \!\!\!\! \int_D f(x, y)dxdy \)

\intコマンドを複数利用することもできます。ただし、単純に重ねると空白が大きくなります。

記号の間を詰める場合は、\!コマンドで負の空白を挿入します。積分記号の間を詰める場合、3~4個程度でちょうどよい程度になります。

 

多重積分を出力したい場合は、\idotsintコマンドもあります。int+dots+intを意味するコマンドです。

コマンド 出力
\( \displaystyle \idotsint_D f(x_1, \cdots , x_n) dx_1 \cdots dx_n\) \( \displaystyle \idotsint_D f(x_1, \cdots , x_n) dx_1 \cdots dx_n\)

 

周回積分(contour integral)

MathJaxでは、\ointコマンドにより周回積分記号を出力することができます。

コマンド 出力
\( \displaystyle \oint_C fds \) \( \displaystyle \oint_C fds \)
\( \displaystyle \oint_C \mathbf{F}(\mathbf{r}) \cdot d\mathbf{r} \) \( \displaystyle \oint_C \mathbf{F}(\mathbf{r}) \cdot d\mathbf{r} \)

ベクトルを表す太字の表記方法は、フォントのページをご参照ください。

 

メニュー

作成中 MathJaxを使用してわかってきたこと、注意点などを自分用の備忘録も兼ねてまとめていきます。 コマンド例は基本インライン表示にしています。必要に応じてディスプレイ数式モードへの書き換えをしてください。 環境構築 [[…]

数式アイキャッチ
数式アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!